題字

題字 李鴻儒

トップ画像

トップ画像
太極とは 未だ天地分れざる前、元気、混じて一と為るをいう。

太極拳教室 TAICHI-LESSON

中央式太極拳@なんば教室のサイトへようこそ。

中央式太極拳では、太極拳と気功養生法を中心に形意拳や八卦掌も弊習します。

一人ひとりの個性・体質を重視する伝統的な教授法に、現代のライフスタイルに合わせた太極拳健康法を学んでみませんか


英語

The Central style Tai Chi method at NAMBA crass room.The tai chi chuan & Qigong descended from GrandMaster Wang Shu Jin.

2015年7月8日水曜日

プライベート型スポーツ


「コミュニケーション型」から「プライベート型」へ


******************
「お一人様スポーツ」人気の理由は…スポーツに関する調査「日常のスポーツ意識・行動編」
2015/07/03


ゴールドウインは、スポーツを楽しむサラリーマン・OLのスポーツへの意識と実態について第2回調査を行い、結果を発表した。対象は、現在スポーツを行っている会社員で、20代から50代以上の男女480名(予備調査2,883名より抽出)。

第2回調査「日常のスポーツ意識・行動編」では、サラリーマンやOLが前回調査に引き続き健康志向が強く、頻繁にスポーツを行っていることがわかった。月の費用平均は6,906円。また、一人で行う傾向が強まっている。第1回調査は、2013年7月に実施。

サラリーマン・OLがスポーツに取り組む目的を尋ねたところ、70.6%が「健康のため」と回答。健康志向が高いことが読み取れる。スポーツはチームや仲間というイメージが強いが、スポーツを誰としているのかという問いでは、50.0%がスポーツをするのは「一人が多い」と答えている。多くの人が一人で、黙々とスポーツに取り組んでいるようだ。

今、行っているスポーツでは、47.1%の「ウォーキング」がトップ。次いで「ランニング・ジョギング」が37.7%とラン系が上位を占めた。3位以降は、「筋力トレーニング」21.0%、「体操・ストレッチ」18.1%と、一人で取り組むスポーツに人気が集まっている。

今、行っているスポーツをはじめた時期を尋ねると、「就職してから」が63.1%とトップとなった。就職してから今やっているスポーツをはじめたという回答者に、スポーツの効果について聞くと、42.2%がそのスポーツにより「健康になったと思う」と回答。「やせた」という回答者も29.0%を占め、スポーツの健康効果を実感している人が多いようだ。

今後やってみたい・続けたいスポーツでは、女性の各世代で「ヨガ・ピラティス」が人気となった。「登山・トレッキング」は、男性20-30代や女性20代で上位にランクインしている。


****************


「お一人様スポーツ」ということで、人との「馴れ合い」を求めない傾向があると思います。
簡単に言えば、おしゃべりや出会いを楽しむよりはプライベートや目標を優先するということですね。

コミュニケーションを求めるというよりも、あくまで自分の(目標の)ため。
またゴルフのように「社用スポーツ」でもなく、日曜野球やフットサルのように「サークルスポーツ」でもない。
基本は単独で行い、仲間、時と場合の自由選択性が高いチョイスとも言えますね。
ディスコミュニケーションというわけでもなく、あくまでも自由選択の範囲内、ということでしょう。

CMや芸能人で話題になった「ラ○ザップ」はプライベート+目標の複合型でしょうか。
プライベートレッスンで、短期間で、ストイックに目標体重・体型へとアプローチする。
オーダーメイド的かもしれません。



このようにプライベート重視と云うことは自己が発信基地となるわけで、
さらに「スポーツ」に欠かせないもの・・・・として、やはりファッションが上げられるでしょう。



Sports×Fashion 新スタイルマガジン登場ということで、

『スポーツとおしゃれを自然体で楽しむ
 気持ちのいいライフスタイルを提案します。』


LAやハワイの青空の下、あるいは東京やNYの公園でスポーツを楽しむ、カラフルでファッショナブル、キュートで健康的な女性像です。
思わず真似したくなる実践的なスポーツファッションはもちろん、日常に取り入れやすい“スポーツミックス”の着こなしに注目。

・・・ということで、「hb humming birds 」という雑誌が今年の3月に創刊されました。
Vol.02が6/27に発売されたようです。
https://hb-web.jp/




太極拳は「武術」なので、厳密にはスポーツとは趣きを異にするものです。
そういう意味では「ヨガ」も本来的には行法であり、スポーツではありませんね。
どちらも数字にも順位にもこだわりません。

心にも体にも力みが無い「自然体」であることを追及します。
そして自身の肉体と「内在するもの」を探し、感じ、一体化を試みます。

ヨガでいうと「アートマン(真我)」でしょうが、
太極拳でいうともう少し世俗的で、どんな状態でもビビらない状態ってことでしょうかね。


武術だから敵をやっつけるんじゃないの?
と思われるでしょうが、「敵」という概念はミクロな関係性に埋没した人の言葉。
そこからもう一歩、大きな視点を持つことが自然体にもつながってきます。