題字

題字 李鴻儒

トップ画像

トップ画像
太極とは 未だ天地分れざる前、元気、混じて一と為るをいう。

太極拳教室 TAICHI-LESSON

中央式太極拳@なんば教室のサイトへようこそ。

中央式太極拳では、太極拳と気功養生法を中心に形意拳や八卦掌も弊習します。

一人ひとりの個性・体質を重視する伝統的な教授法に、現代のライフスタイルに合わせた太極拳健康法を学んでみませんか


英語

The Central style Tai Chi method at NAMBA crass room.The tai chi chuan & Qigong descended from GrandMaster Wang Shu Jin.

2015年6月13日土曜日

「キングダム」外伝(笑)

たまにはこういう話もいかがかと思いまして。


先日放送した「アメトーーク」のキングダム芸人はちょっとステマ過ぎて
あまり面白くなかったです。


大人気「キングダム」ですが、嫪毐(ろうあい)軍が敗北し、連座で呂不韋の失墜と相成りました。
そして反乱に加担していた樊於期(はんおき)将軍が逃亡します。
これが新たな幕開けなんですね。

キングダムはキングダムであくまでも作者の「オリジナル」なので、史実に忠実に展開するかどうかは
わかりません。ただ、主人公である信は「李信」がモデルであるとガイドブックで言及されているようです。

実は私も本作を断片的にしか読んでないんですよね。
「東周英雄伝」と横光の「史記」「項羽と劉邦」はしっかり読んでおりましたが。

興味をもったのは「刎頸の交わり」で有名な廉頗(れんぱ)が出てきたのがきっかけです。
藺相如(りんしょうじょ)亡き後の老将の活躍を見ておりました。



さて、この反乱の後に秦王・政が大いに感銘を受けたというあの「韓非子」の韓非と接見するのですが、
李斯が謀殺してしまいます。
自分より出来る人物が登場した(と思った)ので、自分の立場の危うさを感じたためですね。
この因果か、あの李牧すら謀略で退けたはずの李斯ですが、始皇帝の死をきっかけに、
身分も何もかも低く見ていた趙高に手玉に取られた挙句、謀殺されてしまいます。




逃亡した樊於期は燕国に亡命します。
燕国は秦の圧迫から起死回生を狙うべく秦王・政暗殺計画を企画します。
首謀者は燕国太子・丹。丹はかつて政と同じく人質時代を過ごしていたのですが、
時が二人を分かち、大国となった秦王・政に丹は「小国」と侮られたことも大きいです。
そこで刺客を送るという一計を案じ、派遣されたのが「史記・刺客列伝」でも名高い荊軻(けいか)。
読書と剣術を修行し、若くして諸国を放浪して遊説術を学んでいた人物です。
※当時、何らかの武術的なものがあったようですが、明確な記録はほとんど残っていません。
※やはり文が優位であることと、戦場では遊牧民族から取り入れた「騎射」が花形・主力であるためでしょう。
 
 

その荊軻が秦王政を信用させる手段として割譲する土地と樊於期の首が必要と提案し、
樊於期もそれに同意して自害します。


荊軻は土地の地図と樊於期の首をもって秦・咸陽を目指します。
この時にお共に連れていた小僧がまたとんでもない役立たずなんですね。
人を殺したことが自慢の田舎者で、実際は秦王・政の前でガクブルしてひれ伏していただけの存在。
二人掛かりで政を襲撃していたら、歴史は変わったかもしれません。
荊軻も「役に立たない」と云ったのですが、依頼主でもある燕国太子が推してきたので断り切れなかったことと、
荊軻が待っていた旧友が期日に間に合わなかったことが原因です。
(燕国太子が「はよ行け」とせかしたらしいですが)

荊軻の眼鏡にかなうその人物が誰か? 明らかにはなっていません。
とうぜん武器をもって謁見できないため地図に毒を塗った匕首を忍ばせ、油断したところを
一突きにする作戦ですが、残念ながら失敗に終わります。

荊軻は斬殺。そして後に燕国は信を中心に攻め滅ぼされることになります。
荊軻は強大な国の王に対して、心意気一つで立ち向かった義士と言うことで人気は高いです。

さて、燕国の前に秦王・政は韓・魏・趙を滅ぼします。
主人公である信たちが大活躍します。


韓滅亡⇒若き日の「張良」が逃亡。秦の滅亡フラグですね。

張良は始皇帝暗殺を実行しますが失敗して再び逃亡。
後に劉邦に仕えることになります。最高の知略の臣として「王佐の才」の代名詞に。


この頃、劉邦はたぶんフラフラしていたと思います。
地元の侠客(半分やくざの木端役人)ですから。




魏滅亡→張耳が逃亡。
この人もまた劉邦陣営に加わった人ですね。
作中にも名前だけ出ていますが、魏には戦国四君子のひとり「信陵君無忌」という超絶イケてる将軍がいたのですが、
晩年は兄王の嫌疑が原因で隠遁生活。作中では既に亡くなっています。
張耳は食客の一人だったこともありましたが、信陵君の晩年だったせいもあり特に活躍もありません。
魏ではそこそこ有名な名士だったようで、劉邦がフラフラと「あんたのとこの食客にしてほしい」と来たこともありました。

ただ、魏が滅亡し、秦から懸賞金をかけられてしまいます。
秦は信陵君にドエライ目に遭わされているので、その息のかかった人物は許せないのでしょうか。

逃亡先では名前を変えて隠棲し、後に反乱軍陣営、独立して敗走し、劉邦のもとへやってきます。



さて、主人公である信ですが、いちおう「李信」がモデルと云われています。
信は蒙恬といっしょに後に楚へ20万の軍勢を率いて出兵し、
あの項羽のおじいさん@項燕と戦って負けてしまいます。
「歴史的大敗退」をやらかしますが、後に復帰します。
そのかわりに派遣されてきたのが「勝てない戦には興味が無い」王翦将軍ですね。


紀元前238年の反乱鎮圧から統一事業を始めて、紀元前221年の斉滅亡で中華統一になります。
信と蒙恬、王賁で斉を攻め落としてしまいます。これが三人でやる最後の大仕事になりますでしょうか。
この頃、既に信の部隊には章邯(しょうかん)がいると思います。
情報参謀として有能で、後に独立して将軍となっています。
信の志を受け継いだ章邯はまさに秦国最後の将軍として始皇帝亡き後の秦を支え、項羽と戦い抜きます。
力及ばず項羽に降った後は左遷された劉邦の監視役となり、中央への道を塞ぐ形で太守に任命されます。
そして力を付けて中央に戻ろうとする劉邦と戦い敗死するという数奇な運命を辿ります。


蒙恬は秦の統一後、中華民族の天敵である北方遊牧民・匈奴討伐でオルドス戦役などで武功を上げます。
政の長男の後見人にもなるのですが・・・・超高と彼に操られる李斯によって
自害に追い込まれてしまいます。

王賁の子・王離は秦滅亡を食い止めるべく項羽と戦いますが、残念ながら敗北してしまいます。
その後の消息は不明。子孫が王氏なので、ひょっとしたらあの王元姫(晋・司馬炎の母)もその血筋の末端
なのではないかと思いましたが、違うようです。

信の子孫は・・・・・・優れているが不遇な名将を生み出す家系なのか、
李広(前漢の将軍。匈奴征伐に功あり名声も高いのだが・・・いろいろあって自害)
李陵(その孫。匈奴征伐に功あり・・・・・いろいろありすぎて匈奴に寝返る)
がいてます。
また、一説には大唐帝国の高祖・李淵は李信の子孫でもある
隴西李氏の流れを汲んでいる、と云われています。

かの李白もそのようです。

ちなみに中国では「匈奴(北方遊牧民)に強い」というのはものすごいステータスですね。
あの「岳飛」も北方遊牧民族には強かったですから。
中国史上では文化度が最高クラスの「宋」時代で、しかも救国の英雄ということで、
中国人の人気が高いのもうなずけます。
(御多聞にもれず、悲運の将です)


始皇帝である秦王・政亡き後、実は6か月足らずで帝国は崩壊しているんですよね。
世界初の農民反乱といわれる陳勝・呉広の乱です。
長きにわたる春秋戦国時代を経て統一に至ったわけですから、
統一後の内政のノウハウなどあるわけありません。
また「秦」自体も、どちらかといえば中央から外れたところにある国で、
民俗風習も中央とちょっと違っていたようですから。


紀元前206年、秦滅亡。
そして、項羽と劉邦の登場になり、「漢楚の戦い」に至ります。