題字

題字 李鴻儒

トップ画像

トップ画像
太極とは 未だ天地分れざる前、元気、混じて一と為るをいう。

太極拳教室 TAICHI-LESSON

中央式太極拳@なんば教室のサイトへようこそ。

中央式太極拳では、太極拳と気功養生法を中心に形意拳や八卦掌も弊習します。

一人ひとりの個性・体質を重視する伝統的な教授法に、現代のライフスタイルに合わせた太極拳健康法を学んでみませんか


英語

The Central style Tai Chi method at NAMBA crass room.The tai chi chuan & Qigong descended from GrandMaster Wang Shu Jin.

2015年7月20日月曜日

立禅の感覚 「自分」に回帰する一歩

台風一過の日曜日は総会。主に秋の大演武会に向けての打ち合わせです。
午後からは李老師の講義の予定がありましたが、今日はお忙しいため時間は短め。


李老師曰く、
「王樹金老師は"身体"しか動かしてなかったよ」
腕がちょいっと出れば相手が飛んでいく。

動き出せばすべてを弾き飛ばす「肉弾」と化していた王樹金老師ですが、あの体格をみれば納得です。




李老師が「やはりまだ手が、腕だけが動いている」という指摘がありました。
本来ならば緩やかに動かねばならない太極拳が
「速い運動」になってしまっている現状を改める必要があると思います。

立禅の感覚をもって、やるようにとのこと。
どうしても「肩から動かす」肩先の運動に留まっている。
立禅の感覚・・・それは、自分の身体との対話です。





ゆっくり動くことは「自分」の筋肉、骨、血、はては細胞に至るまでを感じます。
それは自分の身体の確認作業とも言えるでしょう。
本来の「自分」に戻るための大事な行程です。
他の誰でもない自分自身の肉体なのです。



現代の社会は心身の不調和を招く誘惑や阻害で満ち溢れています。
環境や宣伝に振り回され、他の視線ばかりこだわり、心身ともに「自分」を見失っていく中で、
自分の中心に戻るための功夫が必要な時代であるといえましょう。

とにかく世間では「速度」を要求される中、太極拳では「誰よりもゆっくり」が求められます。
自分に絡みついた既成概念をぶち壊し、自分に回帰する第一歩といえましょう。

時計の歯車をクリ・・・クリ・・・とゆっくりゆっくり回していくような感覚。
深い深い呼吸、じっくりと気とともに降ろしていく重心、緩んでいく関節。
周辺視野で目を束縛から解き放ち、こわばった顔もほどけていく。気を循環させていく。

自分が持っている本来のエネルギー、生命力を呼び覚まします。