題字

題字 李鴻儒

トップ画像

トップ画像
太極とは 未だ天地分れざる前、元気、混じて一と為るをいう。

太極拳教室 TAICHI-LESSON

中央式太極拳@なんば教室のサイトへようこそ。

中央式太極拳では、太極拳と気功養生法を中心に形意拳や八卦掌も弊習します。

一人ひとりの個性・体質を重視する伝統的な教授法に、現代のライフスタイルに合わせた太極拳健康法を学んでみませんか


英語

The Central style Tai Chi method at NAMBA crass room.The tai chi chuan & Qigong descended from GrandMaster Wang Shu Jin.

2015年7月18日土曜日

古流柔術 対 空手



太極拳とは関係ありません(笑)。

掲示板でも書きましたが、7/18に開催の「巌流島・検証2」という格闘技大会に
「古流柔術」の選手がエントリーしています。当会としても応援しております。


ということで、有名な「グラップラー刃牙・最大トーナメント編」から
あのシーンを。





空手家・愚地独歩 対 "達人"渋川剛毅 ダイジェスト



渋川先生の若き日の回想が省かれているのが残念です。


↓大まかな流れ。


試合開始。

両者、対峙。

渋川先生が先手。
思わず反応してしまった独歩を合気でふっとばす。

独歩が様々な攻撃を繰り出すが、ことごとく返される。

独歩があることを思いつき、攻撃をやめる。
渋川先生が喋りながら後ろに回り込み、攻撃。

独歩、「菩薩拳」で反撃。「意」のない正拳突きのため、渋川先生でも見切れない。
「殺意・敵意のある攻撃なら いくら速くても目じゃねえが、
 こうも意を消されちゃぁなぁ・・・」


立ちあがった渋川先生が「なめんじゃねぇ!小僧」

呆気にとられた独歩の腕を取り、ぶん投げる。

お互いにダメージは重く、休憩。

ふたたび立ち上がり、最後の一撃を放つために
間合いを詰める。

独歩が先に「菩薩拳」。
食らいつつも、合気で返す渋川先生。

決着。



渋川先生のモデルは「塩田剛三」。作者は塩田先生とたびたび交流がありました。
なので渋川先生は「渋川流柔術」ですが、どちらかといえば合気道家的な立ち位置ですね。



世へのアンチテーゼとして「達人は保護されているっ」と云い切り、
夢想する「達人像」を否定しつつ、期待を裏切らない「達人」として描ききった板垣恵介。
格闘漫画としてはこれ以上ないくらいのものでしょう。
「刃牙」シリーズは、格闘・武術を「概念」として描いているのが特徴だと思います。



こちらが本放送。お時間のある方はどうぞ。
独歩対渋川先生は27:02~44:45



師匠である御輿柴喜平(植芝盛平がモデル)と立ち合い、印可をもらう回想シーンはこちらから。
36:00~39:05



こういうやりとりがたまりませんね。

武人とはかくありたいものです。