題字

題字 李鴻儒

トップ画像

トップ画像
太極とは 未だ天地分れざる前、元気、混じて一と為るをいう。

太極拳教室 TAICHI-LESSON

中央式太極拳@なんば教室のサイトへようこそ。

中央式太極拳では、太極拳と気功養生法を中心に形意拳や八卦掌も弊習します。

一人ひとりの個性・体質を重視する伝統的な教授法に、現代のライフスタイルに合わせた太極拳健康法を学んでみませんか


英語

The Central style Tai Chi method at NAMBA crass room.The tai chi chuan & Qigong descended from GrandMaster Wang Shu Jin.

2015年2月19日木曜日

雨水・旧暦・元旦

本日2/19は、旧暦でいうところの新年・元旦です。一足早く2/4の立春で午年から未年になり、本日は旧暦の1/1です。中国や台湾、ベトナムでは春節といって今でもにぎやかにお祝いしますが、日本ではあまりそういうこともありません。そのうち、バレンタインデーやハロウィンみたいに「経済イベント化」しそうな気もしますけどね(笑)。


正月というのは盆と並んで歳時記習俗の中では重んじられてきました。祖霊や歳神を迎える神祭りであり、盆は亡くなった先祖、つまり仏様を迎える仏事であります。こうして神仏を祀る行事のために誰もが平素の仕事を休み、故郷に帰って骨休み・・・今は昔。
元旦まで営業。2日から初売りという茶番も当たり前な昨今の年始風景。経済主義とマスコミ主導による「正月」には食傷気味といったところ。そういう意味や皮肉も込めて、今日こそ年の初めを祝おうというわけです(笑)。


正月というのは初春というように四季の始めの「春」で、そのまた始めでもあります。さらに春は五行でいうところの「木気」で、稲をはじめ、すべての植物の基であり、直接生命の源となるものです。この木気の始めの春をいかに首尾よく迎えるか、古の人々は心を砕いてきたのです。陰陽五行に基づく迎春呪術として続けられてきました。


日本の民俗もまた旧暦に基づいて実行されてきており、旧暦の構造や十干十二支、五行などの把握なしには理解は困難です。それゆえに旧歴の正月なども忘れ去られてきたのだと思います。




幸い、太極拳と五行思想は親和性が高いので(こじつけもありますが)そのあたりは理解の一助になっていますね。